fc2ブログ

オド散歩 #1『ヨフカシベーカリー&イッコン』


記念すべき小戸散歩の第1回目は、2020年2月に姪浜にオープンしたばかりの『ヨフカシベーカリー&イッコン』。 昼間はベーカリー、夜はパンとお肉、ワイン、お酒など一献(イッコン)を提供する小料理屋のような空間に変身するという、面白いコンセプトのもとで誕生した注目のお店。オープン直後から、地元でも話題になってきたお店に、ようやく初訪問できました! (4月中旬現在、営業は日中のみ)

yofukashi_1.jpg

 お店の入口には「1回の入店は6人までに制限させていただきます」の文字。確かに、中を覗くと今まで訪れた数あるパン屋の中でも、1、2を争う狭さ(笑)。でも、おしゃれな内装の店内には、パンが横一列に整然と並べられていて、むしろ選びやすい雰囲気です。

yofukashi_2.jpg

 初めていった店では「郷に入っては郷に従え」ということで、店員さんにおすすめを聞いてみることに。 開口一番、おすすめされたのが「タラコッペ」。
    
yofukashi_3.jpg

 たらこっぺ? 他店では耳にしたことのないネーミングながら、コッペパン×めんたいこの組み合わせと聞いて、これは買うしかない!と購入を即決。 もっちりコッペパンの中には、西区石丸にある『博多まるきた水産』のめんたいこがたっぷり。めんたいブレッドは、バゲッド系が多い中、この組み合わせは斬新ですよね。ヨフカシベーカリーでは、「タラコッペ」のように、土地の素晴らしさを伝えるため、地元・姪浜や糸島の食材を具材に使っているパンが多いとか。素敵なコンセプトですね!

 その他、スパイシーな大人のパンと書かれた「カルダモン・ロール(オレンジ)」やバナナ生地の中にたっぷりの具材が入った「クルミとカレンツレーズン」など、おすすめされたパンを中心に6種類をピックアップ。 全体的に小ぶり。一人で2、3個は食べられそうなサイズ感でした。

yofukashi_4.jpg
    
 個包装&ショップバックが両方透明なのは、珍しい! パンだけじゃなく、パッケージもかわいいから、手土産にしても喜ばれそうですね。

yofukashi_5.jpg
    
 購入したパンは、薫り高い紅茶と一緒に、美味しくいただきました♪ 
 スパイスやビターチョコなどが使われていたパンは、ワインやクラフトビールなどのアルコールにも合いそう。
 私見では、大人向けのベーカリーという印象(もちろん、子どもが好みそうなパンもありました)。

 何より嬉しいと思ったのは、全てが着色料や保存料を使用していない安心・安全なパンということ。
 次は、豆乳入りの看板パン「ヨフカシノ食パン」が買えたらいいな~。



<ショップデータ> 

ヨフカシベーカリー&イッコン 

福岡市西区姪浜3-4-20 
営業時間 平日11:00~、日祝日10:00~(パンがなくなり次第終了) 
定休日  月曜(木曜不定)

 



 掲載の内容は訪問時のものです。訪問日と記事公開日は異なる場合があり、メニューや価格、営業時間、定休日など訪問時と異なる場合がありますので、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお願いします。