FC2ブログ

オド散歩 #19『Patisserie petitjour(パティスリー・プティジュール)』

姪浜にあるフランス菓子の『Patisserie petitjour(パティスリー・プティジュール)』は、2020年12月で創業10年を迎える人気洋菓子店。
センスの良さを感じさせる外観ですよね。
アイアン製の窓枠やレンガが施された外壁が、フランスの街並みを連想させます。

petijule1.jpg

オーナーは、福岡を代表するフランス菓子の名店『パティスリー・ジャック』で10年間修行されたそう。
ちなみにジャックオーナーの大塚良成さんは、世界最高峰の国際的洋菓子協会「ルレ・デセール」の、7人しかいない日本人会員のうちの1人。
そんな世界が認めた一流パティシエの元で10年間腕を磨かれたと聞けば、自ずと期待値もあがりますよね。

petijule2.jpg

入って左側には、焼き菓子がズラリ。
口溶けのいいネージュが一番人気なんだとか。
パッケージが可愛い箱が用意されているので、贈りものや手土産にもおすすめです。

petijule3.jpg

パンやタルトなどが並んでいるのも、フランス菓子店ならでは。
今回はパン・オ・ショコラクロワッサンをお持ち帰り。

petijule4.jpg

ケーキは10種類余りが並んでいました。
彩りもキレイで見るからに繊細。
どうせなら一緒にいただく飲み物もしっかりこだわったモノを選びたい。
そう思わせてくれる、美しいケーキばかりです。
ただ、この日並んでいたケーキは420円~と少々お高めかな。

petijule5.jpg

本場フランスのパンは、焼き目をしっかり付けるのが特徴ですが、
プティジュールのパンも焼き目しっかりのフランス流!
発酵バターを使った生地はパリッとした焼き上がり。
これが、想像以上のクオリティーで、たまらない美味しさでした。
パンはあまり多くは並んでいないようなので、見つけたら即買いがオススメです。
個人的には、パン・オ・ショコラが大ヒットでした!

petijule6.jpg

ヘーゼルナッツのダックワーズとクリームガナッシュ、ピスタチオクリームが層をなしている「ジュピター」
様々なテイスト、食感を重ねていながら、口に入れると一体感を感じるからさすがの一言です。
ケーキにしっかりした存在感があるので、ちょっと濃いめのコーヒーやストレートの紅茶と合わせると良さそう♪
お菓子に合うコーヒーのドリップパックやオリジナルブレンドのハーブティーなども取りそろえてあるので、一緒に購入すれば、優雅で贅沢なティータイムになること間違いなしですよ!

petijule7.jpg



Patisserie petitjour(パティスリー・プティジュール)

<ショップデータ>

福岡市西区姪浜駅南1-6-13
092-407-7855
10:00~19:00
月曜、月1回火曜定休



プロフィール

odohotel

感じてもらいたい"驚き" ODO ROKI
"戯け"ユーモアのあるシャレの効いた空間 ODO KE
心"躍る"滞在を ODO RU

という意味を込めたネーミング
新しいラブホテルの使い方のスタイルを小戸から発信する(LOVE)HOTEL。

『オドホテル』ホームページ